BLOG

かけっこ教室

子供の足を速くしたい➁

子供の足を速くする練習紹介

前回も少しブログに上げましたが今回は前回ご紹介しきれなかった練習方法を紹介します。
前回は足が速いとは
スピード=ピッチ×ストライド
このピッチとストライドを伸ばす練習の紹介でしたが今回はスタートや体の使い方の紹介です。

スタートの形

スタートにはいくつかコツがありまずは正しい姿勢の紹介です。
上記の左の様に気を付けの姿勢から右の形にします。
この時の注意点は3つ!

①後ろのかかとは上げる!

後ろのかかとが上がってないと体重が後ろにかかってしまい素早くスタートが切れないのでなるべく前の足に体重を乗せましょう。

➁手と足が一緒にならない様に!

特に子供に多いのですが手と足が一緒になってしまう子が多いです。
右足が前なら左手が前。
左足が前なら右手が前になります。
こうする事によりスムーズに走り出せます。

③背中は真っ直ぐにし肘は曲げてセットする!

背中が丸まってますとスタートの瞬間の地面を強く押してもその反発が得れずスピードに乗りません。
また走る時は肘を曲げて肩甲骨を動かすのが大切ですがスタートの瞬間肘が曲がってると上手く肘を曲げて走れないので最初から肘を曲げてセットします。

そしてスタートを切った後のコツです。
上記の写真の様に最初の3歩は低い姿勢45度ぐらいを意識し地面を強く蹴って進みます。
その後上体が急に起きない様に徐々に体を起こし走っていきます。
急に体を起こしてしまいますと空気抵抗を受け上手くスピードに乗れないので注意しましょう。
そして走る時は力を入れずなるべくリラックスして楽に走りましょう。

足を速くする練習(ドリル)

計算ドリルや漢字ドリルの様にかけっこ、短距離走にもドリルがあります。
今回はそのいくつかの動きをご紹介します。
「ランジウォーク」

足を大きく開き一歩ずつ進んで行くトレーニングです。
ポイントは
背中を真っ直ぐ、両ひざを90度、後ろの膝が地面ぎりぎりになる様に意識し進んで行きます。
この動作をする事により股関節の可動域の改善。
また下半身の筋力アップにもつながります。
「ニーツエルボ」

肘と膝をクロスし進んで行く。
ポイントは背中を真っ直ぐにし膝を寄せて行くイメージで動かす。
股関節の可動域向上等に役に立ちます。

他にも色々な動き作りがあります。
特に最近の小学生は股関節が硬くなり足が上がらず地面を強く蹴れない子が多くいるので股関節周りの柔軟性を高めておくことが大切です。
体育の個別レッスンの生徒募集しております!
1対1のレッスン。
時間も場所も自由。
子供のパーソナルトレーニングです。
1レッスンは¥3,600+交通費
気になる方こちらの問い合わせから

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 子供の足を速くしたい➁